日本一おいしいツナ缶はどれ?【1缶5,000円!ブラックレーベル鮪とろ】

日本だけでなく、世界的に食されているツナ缶。サラダに入れたり、マヨネーズと和えておにぎりの具にしたり、そのまま食べたりと様々な料理に使用され、愛されているツナ缶は国内だけでも様々なメーカーが製造しています。
ツナ缶で有名なメーカーは、ツナ缶やライトツナで有名な「いなば」、シーチキンなどで有名な「はごろもフーズ」などがあります。
確かにどちらのメーカーも昔から愛されている美味しいツナ缶ではありますが、日本にはそれ意外にもツナ缶を製造している会社があります。
その中でも極上のおいしさを誇るツナ缶を販売しているのがモンマルシェ株式会社です。
モンマルシェ株式会社は静岡県の清水市にある会社で、野菜のスープやハイクラスのツナ缶を製造・販売している会社です。
この会社が販売しているツナ缶のシリーズで「オーシャンプリンセスホワイトツナ」という商品があります。
8種類ほどの種類があるシリーズで、1缶あたりの価格がなんと260円から1020円という高級なツナ缶もあります。

オーシャンプリンセスホワイトツナは味の種類・ランクが様々

8種類のツナ缶はそれぞれ形状やオイルが異なり、それぞれ価格も異なります。
形状の種類は、フレーク状、ソリッド状と分かれており、フレークは一般的なツナ缶のような形でほぐされた状態で缶詰されています。
ソリッド状とは、身がほぐされている状態ではなく、切り身としての形を残したまま缶に詰められているので、魚の身をそのまま食べられるような形になっています。

好みによるとは思いますが、ソリッド状の食べごたえは贅沢感があります。

オイルは綿実油・オリーブオイル・ノンオイルの種類があります。
8種類のラインナップのうち、最も高級なのがソリッドタイプの最高級鮪とろの缶詰です。ラインナップの中で最も高級な1缶1,020円という価格ですが、味と食べごたえはその値段でも高いと思わせないほどの美味しさです。

マグロ1尾で1缶しか製造できないと言われるほど希少価値が高い商品なので、頻繁に完売してしまい、入荷待ちの状態が珍しくない商品です。
オリーブオイルと食塩、ローレルの葉でシンプルに味と香りを整えているだけにも関わらず極上のツナの味と風味を味わうことができます。

モンマルシェ株式会社の商品は地元静岡県の小売店では販売されているところもありますが、全国のスーパーなどで見かけることが少ない商品です。
この商品を是非味わいたい!という方には、ネットでの注文がおすすめです。
会社の公式ページでネット販売しているので、全国どこからでもお取り寄せが可能です。

また、このツナ缶シリーズは、贈答品として送ることができるギフトセットもあります。3缶のセットや6缶のセット、さらには12缶のセットなどもあるので、年末の贈り物などにもおすすめです。

ツナ缶が好きすぎて毎日食べている!という方は、一度は是非この「オーシャンプリンセスホワイトツナ」の商品を味わって頂きたいです。

【超高級ツナ缶】1缶5,000円!ブラックレーベル鮪とろ

モンマルシェが販売するツナ缶の中には、なんと1缶5,000円の「ブラックレーベル鮪とろ」という最高級のツナ缶があります。
数が限られているのでいつでも購入することができるわけではないというこのツナ缶。

第2回目の販売が2019年5月15日から開始されました。

なぜこんなに高級なのかというと、
・まぐろは大トロのみを使っていること
・加工は熟練の職人3人しか作れない
という希少価値が高いことがその理由です。

第1回目販売時に購入した際、その高級感と美味しさに大きな驚きと感動を感じました!

ブラックレーベル鮪とろの缶デザイン

黒い袋と箱に梱包された「ブラックレーベル鮪とろ」まるで宝物そのもの。
1缶ごとにシリアルナンバーまで記載されているというのが驚きでした。

これが「ブラックレーベル鮪とろ」の専用の袋です。

ブラックレーベル鮪とろの外袋 手持ち袋

袋をよく見ると高級ブランドのようなブランドの刻印がされています。超豪華…

ブラックレーベル鮪とろの手持ち袋の刻印部分

袋から表面に刻印されている箱を取り出します。
この箱もものすごく豪華で、期待感がぐんぐん上がってしまいます。

ブラックレーベル鮪とろの外箱

蓋を開けるとカードと缶が登場!
まるでインビテーションかのようです。

ブラックレーベル鮪とろの外箱を開けた様子

こちらがカードの外側。

ブラックレーベル鮪とろ同封のカード

こちらはカードの内側。

ブラックレーベル鮪とろ同封のカード内側

このツナ缶の生産者さんの言葉が記載されています。

カードの他には、竹?でできた楊枝とツナ缶が入っています。

ブラックレーベル鮪とろの内容物

ツナ缶の上部にはシールが貼られており、そこには手書きのシリアルが記載されています。
※シリアル部分にモザイクをかけてますが、通常はここに数字が記載されています。

 

ツナ缶とは思えない、この高級感!全面黒のデザインがすごくかっこいいです。

ブラックレーベル鮪とろ 原材料表示

こちらは裏面の商品表示部分。
びん長まぐろ、オリーブ油、食塩、ローレルの葉が原材料となっています。
シンプルな素材でありながら、この価格ということは、まぐろの品質がどれだけのものか…と期待しちゃいます。
まぐろは、大トロ部分だけが使われており、オリーブオイルはスペイン産のオイルです。

そして実食。

とにかく美味しいです。
これがツナ缶なのか…。と唸る美味しさです。

これは1缶に5,000円出しても、また食べたくなります…!

贈り物にしたいけれど、人にあげるのは少し躊躇してしまうほどの美味しさです。

これ以上の感想はあえて言わないようにします。
この感動は実際に食べないと伝え切れません!!

おすすめの食べ方は、やっぱりそのまま食べるのが一番。
そのままの味を味わったら、わさび醤油がおすすめされています。
実際、わさび醤油で食べてみると相性バツグンでした。

ブラックレーベル鮪とろは、表示価格5,000円税込みで5,400円です。
ツナ好きの人にプレゼントすると、これほど喜ばれるものはないのではないか?と思える高級感。
そしてなにより、いままで食べたことがないような美味しいツナでした。

これぞ贅沢…。

>> オーシャンプリンセスツナの販売会社【モンマルシェ】の公式ページから注文可能です。



【通販食品特集サイト】
冷凍惣菜とお取り寄せ弁当の特集サイト
■ 冷凍弁当