年齢を重ねるにつれエストロゲンはどんどん減少する!

 

エストロゲンというのは、女性の卵巣から分泌される成分であり、女性ホルモンの1つになります。

 

女性特有のホルモンですから、女性が健康的で、美しくいるためには必要不可欠ともいえる成分であるエストロゲンですが、これが正常に分泌されている状態ですと、女性は美しくなれるといわれています。

 

反対に、このエストロゲンが不足してしまいますと、どうしても肌荒れなど“美”にとって大敵とも言えるトラブルに見舞われることになってしまうのです。
十分な量が分泌されているようであれば、肌の水分量が豊富になり、ツヤが出たり、乾燥しないので大人ニキビなど肌荒れの予防にもなります。

 

また、髪にもコシが出て抜けづらくなり、毛量も豊富になりますので、年齢を重ねて髪のボリュームがなくなってしまうという悩みも解消できます。
体内で生成されるコラーゲン量も増えますから、顔だけでなく肌質が向上するので、見た目にも肌がキレイになるのはとても魅力的なのではないでしょうか?

 

そのため、エストロゲンは美人ホルモンとも言われており、分泌は20代で最高になり、50代になると急激に分泌量が減ってきてしまいます。
とはいえ、50代前だからといって安心してはいけません。

 

20代で分泌量がピークに達するものの、その後はその人の生活リズムなどによって30代でも急激に減ってしまう人もいますから、そういう人は50代で正常にエストロゲンが分泌されている人と比べても分泌量が少なくなってしまうこともあります。

 

また、エストロゲンは常に分泌量が一定というわけでもなく、卵巣から作り出されるということで、月経の周期に合わせて分泌量が変わってきます

 

月経の周期に合わせて分泌されることになっているので、排卵直前が1番量が増えることになります
ですが、この分泌のタイミングも把握してエストロゲンの分泌量を保つことで、いつまでも美しくいられるわけですから、健康的な生活を送り、いくつになってもできる限りたくさんのエストロゲンを分泌できるよう努力しましょう。

 

プラセンタがエストロゲンを増やしてくれる

エストロゲンとは?

人にとって万能薬とも言えるのが“プラセンタ”です。

 

胎盤が由来となっている成分なので、何となくエストロゲンに近いものを感じる人もいるのではないでしょうか?
エストロゲン以上に人の体にとって万能薬となり、最近では鬱病など精神的な病気の治療にも使われているので、本当に何にでも効果があるとされているわけですし、実際にその確かな効果も実証されているプラセンタですが、意外にもプラセンタ自体にはエストロゲンが含まれているとか、そういったことは一切ありません。

 

プラセンタの栄養分の中にはエストロゲンは含まれていないのです。

 

ですが、プラセンタとエストロゲンにもきちんと深い関わりがあります。
それが、プラセンタを摂取することでエストロゲンの生成量を増やすことができるというものです。

 

プラセンタを摂取・・・といっても注射などをわざわざ打つ必要はありません。プラセンタはサプリで十分です。

 

サプリメントを摂取することで、エストロゲンが体内で作り出される量を増やすことができ、結果的にそれがプラセンタの美容効果に繋がるわけです。
プラセンタが、ホルモンのバランスを整えてエストロゲンが生成されやすい状況を作り出してくれるわけですが、それと同時にエストロゲンが体内から分解されて減っていってしまうのを抑える役割も担ってくれています。

 

若いうちからエストロゲンが何らかの原因で減少してしまっている人から、更年期障害でエストロゲンが減少してしまっている人まで、様々なタイプにプラセンタは効果がありますので、サプリメントを飲んで体内でのエストロゲンの生成を手助けするのに頼ってみると良いでしょう。

 
inserted by FC2 system